飲むタイプの育毛剤プロペシア

飲むタイプの育毛剤プロペシア

脱毛にもさまざまなタイプがありますが、男性に多い男性型脱毛症AGAは、男性ホルモンの増加が引き金になって起こる脱毛症です。
男性型脱毛症のAGAになるとどうして薄毛になるのか、そのメカニズムはほぼ解明されています。
男性の体内にはテストステロンという男性ホルモンがあるのですが、そのテストステロンは5αリダクターゼという酵素の働きによって、ジヒドロテストステロンというホルモンに変わってしまうのです。
このジヒドロテストステロンは、なんと毛母細胞を攻撃するたんぱく質を作ってしまい、出来上がったたんぱく質に攻撃を受けた毛母細胞は死滅してしまいます。
それによって脱毛が促進され、どんどん薄毛が進行してしまうのです。
このスパイラルを阻止するには、まず5αリダクターゼの酵素の働きを停めなければなりません。

 

テストテロン

テストステロンはそのままであれば毛母細胞を攻撃することはないのですから、5αリダクターゼの働きを阻害すればホルモンのバランスを元の状態に戻すことができます。

 

5αリダクターゼの働きを阻害できるものとして注目されているのがプロペシアです。
主要な薬効成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼの働きを抑え、毛母細胞を攻撃するたんぱく質を生み出すジヒドロテストステロンが生まれることを止めてくれます。
これにより、脱毛が進行することを止め現状を維持できるだけでなく、従来の治療薬を併用することで薄毛の状態を改善をすることもできるのです。
そのため、プロペシアはミノキシジルなどと併用することで、単独で服用するより大きな効果を上げることができるといわれています。
効果の強い育毛剤を2つ同時に利用しても大丈夫なのだろうかと不安に思われるかもしれませんが、2つの育毛剤は効果を発揮するメカニズムがそれぞれまったく違うため、2つを併用したとしても大丈夫なのです。
5αリダクターゼの働きを阻害し、テストステロンがジヒドロテストステロンに変わるのを阻止するのと、血行を良くして発毛を促進する効果とでは、そのメカニズムがずいぶん違っています。

 

それぞれ単独で使用しても薬効を感じる方は多いのですが、それを2つ同時に使用することで更なる効果を発揮することができるのです。

 

5αリダクターゼ

5αリダクターゼの酵素が活発に活動を始めるのは早くて20代からと言われています。

 

まだ20代なのにと思っているうちに、どんどん薄毛は進行してしまうのです。
男性型脱毛症AGAは20代から全年代に見られます。

 

まだ大丈夫だと思っている時から、対策を考えておかなければなりません。

 

入手方法

プロペシアは、専門の病院で医師にカウンセリングを受け、処方箋を書いてもらえば手に入れることができます。

 

インターネット上でも販売されていますが、購入するのなら専門のクリニックでカウンセリングを受けてからにしましょう。
専門のクリニックであれば、定期的な健診でそれぞれの方にもっとも効果を発揮できる最適な服用量をアドバイスしてもらうことができます。