何かと誤解のあるプロペシア

何かと誤解のあるプロペシア

AGAという薄毛を効果的に治療するとして非常に知名度の高い医薬品にプロペシアがあります。
テレビCMなどでも扱っていたため、AGAに悩んでない人でも、この医薬品の名前くらいきいたことがあるはずです。
それほど知名度があるため、その分誤解をしている人も多いのです。
たとえば、どんな薄毛にも効果があると勘違いしている人がいます。

 

そもそもAGAとは日本語で訳すとすると男性型脱毛症となります。
つまり、女性にはほとんど効果があったという研究データは未だに発表されていません。
一部の過剰に生成される男性ホルモンを減らす医薬品なのです。
その男性ホルモンは女性にはほとんど関係ないため、薄毛で悩んでいる女性が服用しても効果が少ない可能性が高くなります。
もちろん、男性の薄毛がすべて男性ホルモンによるものとは限りません。
原因が作用と一致していなければ、当然男性であっても効果は薄いでしょう。
逆にいえば、AGAの人ならば高い確率で非常に満足のいく結果を得ることができます。
また、AGA治療薬ということで、プロペシアは毛を増やす効果があると思われていることが多いです。
でも、厳密に言えばそれは違います。

 

これはあくまでAGAの症状を止めるための医薬品です。
AGAとは毛髪が成長期になるときも休止期にしてしまうという病気です。
もしも、そのまま休止期が続くと毛根そのものが機能を失ってしまいます。

 

先ほど述べたとおり、あくまでAGAの症状を抑えるものです。
失った機能を取り戻す効果はありません。
そう聞くと実際に利用した人から「生えなくなったところからも生えるようになった」と主張されるかもしれません。
しかし、それは生えなくなったのではなく休止期になったままだったのです。
プロペシアを服用することによって休止期にあった毛根が成長期へとシフトチェンジしてまるで生えなくなったところから生えたように錯覚してしまいます。
休止期にあるのと発毛機能を失うことは別なのです。
その発毛機能を失う前にAGA治療薬を服用することが大切だと言われています。
つまり、薄毛になり始めたときに服用するのがベストなのです。
そして、プロペシアを服用することで薄毛が解消されたことで「治った」と思ってしまう人もいます。
それも誤解なのです。
なぜならば、先ほども述べたとおり、AGAの症状を抑える医薬品です。
AGAを根本治療するものではありません。
そのため、治ったと思って服用することを止めてしまうと、またAGAの症状、つまり薄毛へとなってしまいます。
つまり、将来もAGAによる薄毛を予防したいと思うのならば、引き続き服用し続けることが大切です。
そうすることでAGAの症状を抑えて、常に毛髪が生え続ける状態にすることができます。
このように、プロペシアは知名度がある一方で誤解をされていることが多いです。

特に使用するときは、その誤解を払拭してから利用するように心掛けるべきです。