AGAの改善に有効なプロペシア

AGAの改善に有効なプロペシア

最近、AGAのテレビコマーシャルをよく見かけます。
AGAとは男性型脱毛症のことで、男性に特有の脱毛症です。
年代の区別なく、若い方でもAGAで薄毛に悩まれている方はたくさんいます。
発現の仕方は千差万別で、頭頂部から薄くなる方もいれば、M字型に薄くなる方もいて、これがAGAの薄毛パターンだというものがあるわけではありません。
男性ホルモンが関係している薄毛であるため、放っておいても改善することがないばかりか、若い方でも進行がかなり早いのが悩みの種となります。
そのAGAに世界でもっとも効果があると言われているのがプロペシアです。
プロペシアは前立腺肥大症のための医薬品として開発されていたのですが、被験者の多くの毛髪が生える現象が起き、それに着目して育毛剤として開発されました。
偶然に薄毛の改善効果があることがわかったわけですが、バイアグラの例といい医薬品の世界には偶然に見つかったということがよくあります。

 

プロペシアは、血中にある5α‐還元酵素を阻害する働きがあるのです
この5α‐還元酵素が活性化されていると、男性ホルモンが多く作られ、それによって薄毛が早く進行していまいます。
この5α‐還元酵素を阻害することで男性ホルモンの分泌を少なくし、ヘアサイクルを元に戻し薄毛を改善することが期待できるのです。
5α‐還元酵素の働きを邪魔すると男性ホルモンの生成を抑制するということは、勃起障害に悩んでいる方にとっては少し微妙な問題をはらんでいます。
実際、プロペシアを使い続けていると、勃起になんだかのトラブルが起こるこという方も多いのです。
そのため、飲む育毛剤として人気の医薬品ですが、服用する時は医師のカウンセリングを受け、しっかりとした指導のもと服用することをおすすめします。
通常であれば1日1錠で効果を実感することができますが、症状によっては1日に5錠までを上限として増やすこともできます。
経過観察を見ながら徐々に増やしていくことで、安全に薄毛を改善することができるでしょう。
どんなに効果のある医薬品だとしても、効果を発揮するのは男性型脱毛症のための医薬品だということを忘れないでください。
女性が飲んでも効果を実感できないばかりか、良くない作用があらわれるとされています。
アメリカでは妊娠している女性が触れることさえ禁じているほどです。
プロペシアの効果にも個人差があります。
服用してもなかなか効果を実感することができない方もいますが、時間をかけて効果を実感できたという方もいるのです。
最初に効果を実感できなかったとしても、6か月間は続けて服用してみることをおすすめします。
もし、6か月間服用したのに効果が現れない場合は、医師と相談して続けるか辞めるかを決めましょう。
とてもよく効く飲む育毛剤ですが、万人すべてに効果があるわけではありません。

なかには効果が現れない方もいますから、その場合は他の方法を模索しましょう。